RADWIMPSの新曲を“愛国歌”と批判する人たちは正義なのか

社会2018年6月14日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 人気グループRADWIMPSの新曲「HINOMARU」が物議を醸している。歌詞の中にある「日出づる国の 御名の下に」等々のフレーズが「愛国歌」のようだ、あるいは「軍歌」のようだ、だからケシカラン! という人がいて、そうした意見に作者がコメントし、さらに外部識者もコメントして……といった事態になっているのだ。...

記事全文を読む