ついに「コカ・コーラ」も登場… 日本の飲み物がどんどん「透明」になるワケ

国内 社会

  • ブックマーク

 絵画に初めてコカ・コーラが登場したのは、かのサルバドール・ダリの作である。その「アメリカの詩」(1943)では、コーラ瓶に“黒い血”が流れこむ様子が描かれ、一説によれば、米国社会における人種差別が暗示されているとか――。なんて小難しい例を引かなくても、コーラと言えば黒のイメージ。ところがこのたび、透明なコカ・コーラが登場したのである。

 ***

「コカ・コーラ クリア」は、6月11日にお目見えしたばかり。発売元の日本コカ・コーラに透明化の意図を尋ねると、

「夏はその他のシーズンに比べて、炭酸飲料を手に取る方が500万人増える季節です。これまでもゼロやトクホ、パウチ入りの商品など新しい試みを行ってきていますが、そうしたタイミングに、まだ出していない『コカ・コーラ』を、ということで企画しました。背景には、各社からもさまざまな透明飲料が発売されているなかで、“透明”が消費者の皆様に受け入れて頂けるのではとの判断もあります」(広報担当者)

 昔から「三ツ矢サイダー」などあるにはあったが、ここのところ“透明”な清涼飲料水が増えている。6月6日付「毎日新聞」夕刊でも「透明飲料 なぜ人気」と題した記事が掲載され、こんなデータを紹介している。

〈飲料市場の調査・マーケティングを行う「飲料総研」(東京)によると、フレーバーウォーターの2017年の出荷数量は3420万ケース(24本入り)で、10年の約15倍に。火付け役は10年発売の「い・ろ・は・す みかん」〉

「い・ろ・は・す」の例からお分かりになるとおり、この記事で扱われているのは“一見すると水、でも味と香りがある”フレーバーウォーターで、今回の透明コーラとはジャンルが異なる。しかしながら“透明化”がジャンルの枠を超える人気となっているのも事実で、コーラに続き今月19日には“透明なノンアルコールビール”なんて商品が、サントリービールから売り出されるのだ(「オールフリー オールタイム」)。

 これまでも透明飲料の市場には、オレンジやリンゴといったフルーツ味の商品のほか、“透明なメロンクリームソーダ”や“透明なカルピス”、“透明なミルクティー”“透明なカフェラテ”など、バラエティに富んだ味の商品が登場している。(それぞれ順に「い・ろ・は・す メロンクリームソーダ」、「アサヒ おいしい水プラス『カルピス』の乳酸菌」、「サントリー 天然水 プレミアムモーニングティーミルク」、「アサヒ クリアラテ from おいしい水」)。そこには、どんな需要があるのだろうか。専門家に聞いてみた。

「ジュースは恥ずかしい」と「健康志向」

「透明飲料には『カロリーゼロ』の商品が多く、人工甘味料が使われているので、個人的にあまり好きではないのですが……」

 と断った上で解説頂くのは、清涼飲料水評論家の清水りょうこ氏である。

「まず、“色のある飲み物は飲みにくい”というシチュエーションのためでしょう。会社員の夫に聞くと、職場ではあえて透明飲料を飲んでいる人がいるそうです。なんでも『会社でジュースを飲んでいると恥ずかしい』という意識があるとか。その点、ラベルを剥がしてしまえば、透明飲料は水にしか見えませんからね」(同)

 先の「毎日新聞」記事でも、ジュースを飲んでいてクレームを受けた、という自治体職員の話を紹介していた。

「若い方には分からないかもしれませんが、『ジュースはお菓子』という意識は一定の世代にはある。そういう人にとってみれば、ジュースを飲みながら仕事をされるのは、ポテトチップスを食べて対応される感覚と同じなのでしょう。また、もうひとつの透明需要には、健康志向の高まりがあると思います。先にお話ししたとおり透明商品にはカロリーゼロの商品が多く、また透明のため歯に着色しにくい。例えばオシャレ好きな女子などが手に取りやすいのでは」(同)

 実は清水氏によれば、「い・ろ・は・す みかん」が登場した10年より前に、海外からフレーバーウォーターが上陸してはいたという。そのひとつが07年に発売された「ボルヴィック フルーツキス」。レモンやマスカットなどのフレーバーがあったが、売り上げが振るわなかったためか、やがて製造中止に。

「香り付きの水かと思ったら、ちゃんと味もしました」と当時口にした清水氏はいうから、現在売られているフレーバーウォーター商品と大きくは違わない。それでも定着しなかったのは、現在ほど健康志向ではなく、“上陸が早すぎた”ということだろうか。

 消費者の健康志向を象徴する別のトレンドが、飲食業界にあると清水氏はいう。ずばり“無糖炭酸水ブーム”である。

次ページ:各社炭酸水に参戦

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]