「大塩平八郎」も登場 当世“JK”言葉事情

社会週刊新潮 2018年6月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

〈チョベリバ〉〈KY〉が死語なのは明らかだ。では、今の若者が話す以下の言葉を理解できるだろうか。

女子高生A「テスト、マジどうしよ平八郎の乱」

女子高生B「英語が江戸川意味わか乱歩」...

記事全文を読む