「テレビを見すぎると鬱になる」 精神科医・和田秀樹氏が説く「テレビの大罪」

ライフ2018年6月6日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

偏向報道と印象操作

 月刊誌やネットでテレビの「偏向報道」への批判を目にする機会が増えた。右派系とされる月刊誌では、特にその種の記事は多い。朝日新聞と並ぶ悪役になっている。

 思想的、政治的な立場の偏りもさることながら、テレビ特有の「印象操作」に対して厳しい目を向ける人は少なくない。百田尚樹氏や上念司氏らが理事をつとめる「放送法遵守を求める視聴者の会」では、頻繁にニュース番組、情報番組の印象操作を厳しく非難している。

 同じ映像であっても、BGMの付け方、ナレーションやトーンで印象はまったく変わる。...

記事全文を読む