〈悪質タックル問題〉いつまでスポーツ選手への「恐怖支配」がまかりとおるのか 杉山愛を育てた母の教訓

スポーツ2018年6月1日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

支配の構造

 日大アメフト部の悪質タックル問題で浮かび上がったのは、いまだに一部の運動部には昔ながらの上下関係、あるいは支配―被支配の構造が存在しているということだろう。行き違いがあったかどうかは別として、監督が「潰せ」と言えばとにかく潰さなければならないと選手が思う関係性が存在していたのは確かである。

 恐怖感情を悪用したかのようなこうした支配の構造は、強くなる手段としてはありうる「必要悪」なのか。

 もちろん、日大アメフト部前監督、コーチらはそのように考えていたのだろう。...

記事全文を読む