日大アメフト部を「洗脳」した内田監督、ついに“永久追放” 試合中の選手に「殴り合い」命じる

社会週刊新潮 2018年6月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 この度の悪質プレーについて、会見に立った日大の宮川泰介選手は、井上奨前コーチ、そして内田正人前監督からの指示があったと語った。とはいえ、正常な判断能力があれば、いくら命じられても、ルール無視の危険行為はせずに済んだはず――。背景には、内田前監督による“洗脳”指導があった。

 ***...

記事全文を読む