占領地での戦費は軍票で調達された

国際Foresight 2018年5月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 

 第2次世界大戦が進行するにつれて、占領地域において使用される戦費の割合は増大していった。これを賄うため、旧日本軍はアジアの占領地域で軍票を用いて戦費調達を行った。

 軍票は、軍隊が現地における物資調達やその他の支払いのために発行する擬似紙幣である。正式には軍用手票と言われる。

 占領地で自国通貨を使用すると通貨供給量が増加し、インフレーションがもたらされる恐れがある。これを防ぐため、占領地の経済を本国経済から切り離す目的で軍票が用いられる。

 これについて『昭和財政史』(第4巻)は、つぎのように説明している(p368)。...

記事全文を読む