“最高実力者”山口達也の誘いを断れなかった被害女性 鎮火に失敗したジャニーズの後手後手

芸能週刊新潮 2018年5月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

警察を敵に回した「山口達也」被害者調書(下)

 ジャニーズ事務所から契約解除された元TOKIOの山口達也(46)。強制わいせつの被害に遭った女子高生に対して、「キスくらいで」「嫌なら部屋に行かなければ」といった論調は根強い。だが捜査関係者は、

「山口は顔面を舐めまわし、さらに腕や腰、胸に触り、ソファに押し倒そうとしました。その間、“やらせろ”とか卑猥な言葉を投げ続けエスカレートしていたから、強姦寸前でした」

 と証言する。以上のことからも、そしてこれから述べる以下のことからも、「たかがキスで……」などと言えるだろうか――。...

記事全文を読む