女子レス起死回生に「吉田沙保里」代表監督の大技 伊調馨との相性は

スポーツ週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 いわゆる“パワハラ問題”で、女子レスリングの“ドン”栄和人・強化本部長(57)が辞任したのは4月6日のこと。東京五輪まであと2年。ぽっかり空いた穴は誰が埋めるのか。

 伊調馨(33)に対するパワハラを認定されたとはいえ、これまで多くのメダリストを育て上げた指導者だ。その穴は決して小さくはない。...

記事全文を読む