公約違反でも「小池百合子」が譲れない“五輪都知事” 恐怖人事に職員恐々

政治週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

〈ある年代をすぎると、男はもはや自分から与えることはなく、ただ相手からうけとるばかりとなり……〉。フランスの文豪バルザックが著した『谷間の百合』の一節である。我が国の「谷間の百合子」もやはり“与えることはなく”なったように見えるのだが……...

記事全文を読む