官僚“癒着”の象徴 「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」とは何だったのか

政治週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「悪事が悪事になるのは、人が騒ぎ立てるからですよ。こっそり罪を犯すのは、罪を犯すことにはなりません」。大蔵省(現・財務省)のエリートたちはモリエールの戯曲『タルチュフ』に登場するペテン師と同じ心境だったに違いない。平成10年(1998)1月に発覚した「大蔵省接待汚職事件」では、官僚らが金融機関による接待の見返りに便宜供与を図っていた。そんな癒着の象徴が、「ノーパンしゃぶしゃぶ」である。

 ***...

記事全文を読む