アメリカが大恐慌に陥る

国際Foresight 2018年4月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 第1次世界大戦後の1920年代、アメリカは、重工業の発展、モータリゼーションと自動車工業の躍進、ヨーロッパへの輸出の増加などによって、「永遠の繁栄」と呼ばれる好況を手に入れた。1929年9月3日、ダウ平均株価は、381ドル17セントという史上最高値を記録した。

 破局は、1929年10月24日に訪れた。株式市場は1日の下げ幅として最大の下落を経験した。寄り付きから数時間で、ダウ平均株価は、20%急落した。この日は、「ブラックサーズデイ」と呼ばれる。

 翌25日、ウォール街の大手株仲買人と銀行家たちが行動を起こした。...

記事全文を読む