なぜボクシングは世界チャンピオンでも食っていけないのか? 亀田興毅×内山高志「レジェンド王者」対談

スポーツ新潮45 2018年5月号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 村田諒太が初防衛を果たす一方、連続KO記録の更新を目指した比嘉大吾は計量失格で王座を陥落するという悪夢に見舞われた。そんな何かと騒がしいボクシング界に、世界王座11度防衛の「ノックアウト・ダイナマイト」と、復帰戦を5月に控えた「浪速の闘拳」が物申す!(以下、「新潮45」2018年5月号より転載。)

 ***

 対談が行われた3月13日、日刊スポーツの1面には〈亀田 現役復帰〉〈ガチ!! ライセンス再申請〉の文字が躍っていた。その後、亀田は5月5日に1試合限定の復帰戦を行うと発表。...

記事全文を読む