いまだから再評価したい栗山監督が大谷を口説いた最高の「殺し文句」

スポーツ2018年4月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

誰も歩いたことのない道を歩いてほしい

 もはや賞賛と驚嘆の言葉しか出てこない大谷翔平選手の活躍。

 本人の才能や努力の素晴らしさはもちろんのこと、こうなってみると、改めて「偉業」として評価されるべきは、栗山英樹・北海道日本ハムファイターズ監督が「二刀流」を積極的に勧めた点だろう。

 もともと高校卒業してすぐにメジャーに行くことを考えていた大谷選手をドラフトで指名し、さらに二刀流を実践させたことが今日の状況を作る素地となったのは間違いない。そして、大谷に日ハム入りを決心させたのは栗山監督の「殺し文句」だ。...

記事全文を読む