仏サンジェルマンに進出 合羽橋「和包丁」老舗の切れ味

社会週刊新潮 2018年3月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 セーヌ左岸サンジェルマン地区。レ・ドゥ・マゴ、カフェ・ドゥ・フロールなどサルトルやボーヴォワールが通い詰めたカフェが並び、エルメスやルイ・ヴィトンといった高級ブランドも点在する、パリの中でも一際オシャレな町だ。

 一方、日本は浅草の合羽橋(かっぱばし)、いわずと知れた食器、料理器具の問屋街。その合羽橋の料理道具店「釜浅商店」が、5月、“食の都”のそのサンジェルマンに直営店「KAMA-ASA」を開業することとなった。...

記事全文を読む