集団農場で農民は再び奴隷になった

国際Foresight 2018年3月29日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ソ連の農家集団化方式としては、いくつかのものがあったが、アルテリという方式のコルホーズ(集団農場)が最も多かった。

 アルテリでは、耕地と農業施設、機械、家畜、種子など、主要な生産手段と農具の主要部分は共同化されたが、家屋とその付属地(菜園)、およびそれに付随する家畜などについては、私有が認められていた。菜園でとれた作物は自家用にし、あるいは市場へ売ることができた。1933年までに全集団農場の96%がアルテリになった。

 コルホーズとは、「農民が生産手段をプールし、収穫を分配する協同組合組織」と説明されるのだが、その実態は、国家が農産物を強奪するための仕組みだった。...

記事全文を読む