“新天皇誕生日”と重なって… 混乱の東京五輪「マラソン」最終選考

スポーツ週刊新潮 2018年3月22日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今季を締めくくる名古屋ウィメンズマラソンが11日に行われ、関根花観(はなみ)(22)が初マラソン歴代4位の2時間23分7秒で日本人トップの3位に入り、2020年東京五輪代表選考会「MGC」出場権を獲得した。

 これにより今季は男子13名、女子6名がMGC出場権を獲得。過酷な“代表レース”が幕を開けたのだが、その舞台裏でも思わぬ駆け引きが繰り広げられている。...

記事全文を読む