スターリンが権力を握り、農村を破壊する

国際Foresight 2018年3月22日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 1921年のネップ(新経済政策)の採択には、経済的な意味だけではなく、政治的な意味もあった。

 それは、ヨシフ・スターリン(1878年~1953年)が権力を握る過程の始まりなのである。ネップが自由経済の導入であり、スターリンがその後究極の計画経済を導入したことを考えると、これは誠に皮肉なことだ。

 ネップの採択前、ウラジーミル・レーニンの後継者は、衆目の認めるところ、レフ・トロツキー(1879年~1940年)であった。

 トロツキーは、10月革命における指導者の1人であり、レーニンに次ぐ中央委員会委員であった。...

記事全文を読む