高梨沙羅、“特別扱い”で日体大卒業 批判噴出

スポーツ週刊新潮 2018年3月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

〈行春(ゆくはる)や 鳥啼魚(なきうお)の 目は泪(なみだ)〉――元禄2年3月27日、俳人・松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅で、江戸を出立する際に詠んだ句である。別れの季節に身を置けば、誰しも目が潤むもの。今春、日本体育大学(日体大)を卒業する高梨沙羅(21)の場合はどうかといえば……。...

記事全文を読む