「コインチェック社長」だけでも逮捕したい「警視庁」100人の捜査態勢

社会週刊新潮 2018年3月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 捜査関係者は芥川賞受賞作のタイトルを引いて、自虐的になっているという。「限りなくゼロに近い(から気分は)ブルー」。コインチェック社(CC社)から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出して1カ月が経過。警視庁は異例の100人態勢で捜査を続けているが、犯人逮捕の可能性はほぼゼロに近い。そこで、捜査幹部は、「せめて社長を逮捕したい」と口にし始めているのだ。...

記事全文を読む