「森友文書改竄」で“公文書管理法の生みの親”福田康夫元首相が怒髪天

政治2018年3月14日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

決裁文書の書き換えに大激怒

 森友学園との国有地取引に関し、財務省は決済文書を書き換えたことを認めた。桁外れの衝撃に、今も事態は急激なスピードで動いている。その報道の多くで言及されているのが「公文書管理法」だ。日々のニュースを小まめにチェックしている向きでも、初耳だという方は少なくないに違いない。

 ***...

記事全文を読む