ついにネット解禁で「ジャニーズ」vs.「元SMAP3人衆」の新たな戦線

芸能週刊新潮 2018年3月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 帝国の逆襲が始まったのか。これまでジャニーズ事務所は、ネット上に所属タレントの写真を掲載することを拒んでいた。が、ついに“解禁”したのである。行き場を求めた「元SMAP3人衆」を追い詰めるかのように、SNSビジネスにも本腰を入れはじめ……。

 ***

 ここ最近、ジャニーズ事務所は、従来とは方針を変え、ネットメディアへの進出に大きく舵を切ったという。スポーツ紙記者の話。

「昨年から流れが変わりました。ネットメディアのドラマにジャニーズWESTのメンバーが出演したほか、V6岡田准一がイベントを生配信。キムタクまでもが、LINEで主演ドラマ『BG』の公式スタンプを発売し、動画を配信しています」

 それだけではない。ジャニーズは、今年1月31日、記者会見や舞台挨拶などで撮影したタレントの写真をネットニュースに掲載することも“OK”したのだ。

「これまででしたら、考えられません。以前の舞台挨拶や記者会見では、ネットニュース用と紙面用の2パターンの写真を撮っていました。まず、ジャニーズ以外の出演者でネット用の全体撮影をした後、ジャニーズが加わって紙面用の写真を撮る。肖像権を守るため、事務所がネット掲載を許さなかったのです」(同)

次ページ:自信がある

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]