“3人に1人は社外取締役”の新ルール 人事抗争が無意味に?

企業・業界週刊新潮 2018年3月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 次期社長には誰が就くのか。本命は剛腕で知られる副社長で、対抗馬は国際派の専務、そして大穴は社長子飼の常務。仕事の能力よりも、自分が属する派閥の“領袖”次第で大きく左右されるのがサラリーマン人生だ。森信親長官率いる金融庁と、東京証券取引所は、そんな日本型経営を破壊しようとしている。...

記事全文を読む