独りでは生きていけない――KEIKOと同じ高次脳機能障害のルポライターの「セルフ取材」闘病記

社会2018年1月31日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 小室哲哉さんが、週刊文春に不倫疑惑を報じられたことをきっかけに、引退を発表した。引退発表の会見では「高次脳機能障害」を抱える妻のKEIKOさんの介護についても話が及んだ。KEIKOさんは2011年にくも膜下出血で倒れ、現在も療養中。小室さんはKEIKOさんの病状について「高次脳機能障害ですか。脳の障害ということで、残念ながら音楽に興味を持つということは日に日に減ってきて、ほぼ歌うことはなくなりました」と明かし、「僕から見る限り、女性から女の子、みたいな…。...

記事全文を読む