米国人修理工が遺した資産9億円! 「だからアメリカ株が買い」の真贋

ビジネス週刊新潮 2018年1月25日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 資産運用のメニューの中にアメリカ株を考えたことがあるだろうか。為替リスクはあるものの、日本企業より成長性があって配当も高い。長期で保有して、一般人が億万長者になった実例もあるのだ。

 米バーモント州のロナルド・リード氏は、自動車修理工やデパートの用務員として働く典型的な労働者階級の男性だった。リード氏は4年前に92歳で亡くなるのだが、彼の残した遺産に周りの人たちは驚いたという。自宅から大量の有価証券の束が出てきたからだ。
...

記事全文を読む