「桂文枝」登場で弁明2時間 “男女の関係はなかった”に愛人女性が呆れて反論

芸能週刊新潮 2018年1月18日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「上方落語の大御所」が語った「昼下がりの情事」(上)

「こんな乙女がおるとは思わんかったわ」。初めて男女の仲になった日、文枝師匠はそう言って喜んだという。だが、彼女に届く猥褻なメールと写真の数々は「情事だけが目的」としか思えなかった。本誌(「週刊新潮」)が報じた「最後の愛人」の告白に師匠本人が弁明する。

 ***...

記事全文を読む