プロの歌手よりよっぽど上手い“素人のど自慢”番組が大人気のワケ

エンタメ2017年1月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 音楽番組が減った――と言われて久しいが、“素人のど自慢番組”はむしろ増えている。

 年明け1月3日には「全日本歌唱力選手権  歌唱王」(日本テレビ系)がおよそ4時間半に亘って放送され、翌4日には「THEカラオケ★バトルスペシャル【U-18歌うま大甲子園 最強王座決定戦】」(テレビ東京系)が2時間半。他にも「のどじまんTHEワールド!」(日テレ系)、「今夜、誕生!音楽チャンプ」(テレビ朝日系)……確かにみんな歌が上手いけど、どこもかしこも、ちょっと多すぎない?

 ***

 古くは「NHKのど自慢」(NHK総合テレビ・ラジオ第1)、1946年に放送開始(当時はラジオのみ)という化け物のような番組も、プロへの登竜門として、山口百恵などを輩出した日本テレビの「スター誕生!」(71~83年/日本テレビ系)などもプロの審査を経て、歌の優劣を競う番組だった。

 そこへ、カラオケマシーンという単純な機械による採点で、歌の優劣を競うという斬新な番組を作ったのは、やはりテレビ東京だった。

「何点、何点、ウーッ何点ッ!」

 古稀を超えても、なお喧しい司会のマチャアキ(堺正章・71歳)の声が響き渡る「THEカラオケ★バトル」。素人参加番組ながら玄人裸足の歌声を、カラオケマシーンで採点する、“採点番組”のハシリである。

次ページ:審査員も演奏者も取っ払ったテレ東の企画力

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]