最後の愛人が明かす「桂文枝」のエスカレートする要求 “50年後に結婚すんねん”の約束

芸能週刊新潮 2018年1月4・11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「桂文枝」芸の肥やしは最後の愛人(下)

 桂文枝師匠(74)に発覚した“最後の愛人”の存在。現在56歳の夏目恵美子さん(仮名)が文枝師匠と出会ったのは、2008年12月、大阪の演芸場「天満天神 繁昌亭」に足を運んだことがきっかけだった。その場で連絡先を交換した2人は、翌年3月に男女の仲に。以後、文枝師匠は恵美子さんの家を訪れるようになり、階下で弟子に落語の稽古をさせたまま関係を持ったこともあったという。恵美子さんは「彼は私が寂しがらないように電話を一日3回、メールも写真付きで送ってくれました」と明かす。...

記事全文を読む