世界一有名な「コールガール」の死 息子がフェイスブックで伝える

国際週刊新潮 2017年12月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 この5日、ある訃報が世界中を駆け巡った。英国人クリスティーン・キーラー、75歳。肩書は、元高級コールガール(娼婦)――。

 なぜ一介のコールガールが、それほど知られた存在なのか。それは彼女こそ、英国で“20世紀最大の政界スキャンダル”と呼ばれ知られた、「プロヒューモ事件」の当事者だからだ。

...

記事全文を読む