事件でどうなる?富岡八幡宮の初詣事情 地元住民は「もちろん行きますよ」

社会週刊新潮 2017年12月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「週刊新潮」にも届けられた遺書には、〈私は死後に於いてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊となり、(中略)永遠に祟り続けます〉と綴られている。果たして予告通り犯人は神社の敷地で自害したのである。その「怨念」がこもる場所に、初詣に行く人はいるのだろうか。

 ***...

記事全文を読む