カズレーザーが泣いた『妻に捧げた1778話』 「1777話」に記された妻の最後の声とは――

文芸・マンガ2012年12月18日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 11月16日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「本屋で読書芸人」企画で、カズレーザーが15年ぶりに泣いたと紹介し話題を呼んだ本がある。眉村卓の『妻に捧げた1778話』だ。

 SF作家の眉村さんは、余命1年と宣告された妻のために、毎日1篇のショートショートを書き続け、妻に読ませていた。本書には、妻のために書かれた1778篇から選ばれた作品と、妻の闘病生活と長い結婚生活を振り返ったエッセイが収録されている。カズレーザーは「夫婦の絆の美しさが全部詰まってる。...

記事全文を読む