3000万円の超高級車!「マクラーレン」が1度だけテレ朝で流した幻のCM

ビジネス 2017年12月10日掲載

  • ブックマーク

たった1回だけ放送

 以来、このCMを見たことがないのである。そもそも最近では、国産スポーツカーのCMですら、見かけることはなくなっている。車のCMといえば、軽自動車かファミリーカーばかり。「570S Spider」「CM」とネットで検索しても数人が呟いた程度なのだ。幻のCMどころか、幻を見てしまったのだろうか――。

 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社に聞いてみた。

「あー、あのCMですね。いま、担当者が海外出張中で詳しい者がいないのですが……。ただ私が聞いたところですと、あのCMは1回だけのハズですよ」

 たった1回? それも土曜の昼時に?

「なんでも広告代理店から話があって、乗っかったスポット広告だそうです。まあマクラーレンは、日本でもレース好きの方や車好きの方にはご存知の方も多いんですけど、特にマクラーレンの市販車となれば、女性や若者にはまだまだ知名度が低いと社内でも問題視されているんです。これは一般的な話ですけれど、やはり知名度を上げるにはCM効果は高いですからね」

 マクラーレンといえば、F1のマクラーレン・ホンダとして知られているが、今年はホンダとの提携解消が発表された。かつて大活躍した黄金コンビではあるのだが、2015年以来の3年間では、1勝どころか表彰台にすら立つことも出来ず、ファンをやきもきさせていた。それどころか、マクラーレン側のエグゼクティブディレクターが公然と“ホンダのせいだ”と言い続けたため、マクラーレンは日本で評判を落としていたのだ。それを焦ってのCMなんてことは?

「いやいや、レースはマクラーレン・レーシングであり、弊社は市販車のマクラーレン・オートモーティブなので別会社です。確かに同じ傘下で仲が悪いわけでもないのですが、年々離れつつありますからね。ですからCMは知名度を上げるため、そしてもしご購入予定の自動車候補の一つにでも加えていただければ……」

次ページ:2898万円~

前へ 1 2 3 次へ

[2/3ページ]