ゴッドマザー「安倍洋子」が悲嘆にくれた「岸信介」嫡男の寂しき死

国内 政治 週刊新潮 2017年11月30日号掲載

  • ブックマーク

 総理ファミリーながら、その死が公にされることはなかった。岸信介元総理の嫡男、つまりはゴッドマザー・安倍洋子さん(89)の実兄、岸信和氏が10月7日、95歳でひっそりと息を引き取っていた。一体、どんな人生を歩んだのか。

 安倍総理の地元、山口県の政界関係者が明かす。

「信和さんは10年近く前から、神奈川県茅ヶ崎の高級老人ホームに入っていました。死因は老衰。総選挙が終わるのを待って、10月28日、岸家の菩提寺で密葬が執り行われた。参列者は洋子さん、息子の岸信夫代議士夫妻、それと2人の孫。信和さんの遺志で、家族のみになったと聞きました」

 昭和の妖怪とも言われた岸元総理の一人息子だったにもかかわらず、信和氏はあまり表舞台に登場することはなかった。

「1921年生まれの信和さんは3歳のときに小児麻痺を患い、終生、足を引きずっていました」

 とは、政治部デスク。

「京都帝大を卒業後、身体的なハンデもあって政治の世界には馴染めないからと、宇部興産に入社。26歳のとき、元山口県議会議長で衆院議員も務めた田辺譲さんの次女、仲子さんと結婚した。実業の世界に身を置いたものの、父親の総理秘書官を務めていた義弟の安倍晋太郎さんが衆院選出馬で辞めたため、代役を引き受けた。でも、父親が総理を退任すると同時に政界を離れ、西部石油に入り、のちに会長まで務めています」

 子宝に恵まれなかった信和夫妻が、晋太郎夫妻の三男、信夫氏を養子に迎え入れたのは59年のこと。

 両家の間で、“3番目が男なら岸家の養子とする”との約束が事前に交わされていたのである。

 しかし、信夫氏が政治家に転身するにあたって、信和夫妻と安倍洋子さんの間に確執が生じることになる。

次ページ:離婚も…

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]