“ボーイズラブ”元祖 「竹宮惠子さん」新たなる人気

エンタメ週刊新潮 2017年11月23日号掲載

 代表作は『地球(テラ)へ』『風と木の詩』。作品を読んだことがなくても、華奢で妖艶な眼差しの美少年の画を目にしたことがある向きも多いのでは。1970年代、萩尾望都、大島弓子らと共に少女漫画界を席巻し、ブームを巻き起こした竹宮惠子さん。北九州市漫画ミュージアムで来月10日まで、個展が開催されている。

...

記事全文を読む