70年代に少年同士の恋愛を描いた竹宮惠子 タブーに挑んだワケとその反響

文芸・マンガ2017年10月30日掲載

 おネエ系がバラエティ番組を盛り上げたり、LGBTへの関心が深まったり、性的マイノリティを理解して多様性を認め合える社会が、ようやくあたりまえになりつつある昨今。

...

記事全文を読む