大学中退フリーターが冒険家へ化けた薄氷人生の極北

エンタメ週刊新潮 2017年11月9日神帰月増大号掲載

 歩くこと、見ること。我々の祖先は自らの身体と好奇心とで世界を拓いてきた。大学を中退したばかりのフリーター荻田泰永氏はテレビ番組で、ある冒険家を知る。好奇心を揺さぶられ、翌年すでに身体は北極近辺に。薄氷を踏むどころか、踏み外したりもした不惑の冒険家が語るその半生――。

...

記事全文を読む