患者に寄り添い、若手を育てる! サクラの信念実った「コウノドリ」第4話

エンタメ2017年11月6日掲載

 産科を舞台にした医療ヒューマンドラマ「コウノドリ」は、毎回異なる患者を迎え、さまざまな出産のあり方を描く。セカンドシーズンでは、医師たち自身の人間としての生き方によりフォーカスを当てており、興味深い。

 第4話の軸になったのは、TOLAC(トラック)(Trial Of Labor After Cesarean section)という、過去に帝王切開を経験した妊婦が自然分娩に挑戦する術法だった。秋野蓮(安めぐみ)は長女を帝王切開で出産したことをずっと後悔しており、第2子は絶対に自然分娩をしたいと考えている。

...

記事全文を読む