松雪泰子が演じる“娼婦だった作家” 11月4日より舞台

芸能週刊新潮 2017年10月19日号掲載

 人呼んでフランス文学界のマリリン・モンロー。

 1973年カナダ生まれのネリー・アルカン(本名イザベル・フォルティエ)は、フランス文壇に彗星のごとくデビューし、36歳で自殺した実在の作家。処女小説「PUTAIN(ピュタン)」が、刊行されたのは2001年のこと。ピュタンとは売春婦のことで、ネリーの前職はまさにそれ。

...

記事全文を読む