日本馬勢は惨敗も… JRA「凱旋門賞」のソロバン

スポーツ週刊新潮 2017年10月12日神無月増大号掲載

 またしても、悲願達成とはいかなかった。

 競馬の世界最高峰レース、凱旋門賞(仏・シャンティイ競馬場、10月1日発走)である。今年は日本から、サトノダイヤモンド号、サトノノブレス号の2頭が挑戦したものの、さしたる見せ場もなく、15着(ダイヤモンド号)、16着(ノブレス号)と大惨敗。日本馬初の世界制覇は、来年以降にお預けになった。

...

記事全文を読む