ビートたけし「初めて自分で書いた」と告白 初の恋愛小説刊行対談で

芸能2017年9月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ビートたけしさんの初の恋愛小説『アナログ』が9月22日に刊行される。これを記念し、22日23時からニコニコ生放送で、「ビートたけし×又吉直樹 特別対談『笑いと純愛』」が配信されることが決定した。

 たけしさんは6月初旬、あるイベントで「又吉が芥川賞をとった。漫才師っていうのは才能あるなって思った」とコメントし、ピース・又吉直樹さんに刺激されて小説を執筆中であることを明かした。その又吉さんとの対談で、たけしさんの口から驚きの暴露話が飛び出した。

 司会者から「ビートたけしさんはこれまでも『菊次郎とさき』、『たけしくん、ハイ!』などの小説を執筆されていらっしゃいましたけれども」と聞かれると、たけしさんは「ええ、ゴーストライターですけど」「ほとんど私、しゃべっただけで、書いた覚えがないという。で、それを読んで、ああ、こういう本だったのかと気がつく今日この頃(笑)」と告白。

 しかし、新作『アナログ』については、「私、書きましたよ、本当に」「もう鉛筆もペンだこも大変ですよ」と、初めて自分で執筆したことを打ち明け、「手書きでね、ノート3冊半ぐらいになったのね」「それでパッと気がついたのはね、もし本が売れたら、そのノートの1ページを、原文だから、サインして1枚ずつ売ろうと思ってんだ」と笑いを誘った。

『アナログ』は、すべてがデジタル化する世界で生きる悟とみゆきという男女の恋愛小説。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう2人の「アナログ」な関係を通じ、“誰かを大切にする”とは何かを問いかける、渾身の長編作品だ。

 お笑い芸人として、作家として刺激し合う2人の対談。果たしてどんな“笑い”と“恋愛”の話が飛び出すのか。今から注目が集まっている。

【ビートたけし×又吉直樹 特別対談「笑いと純愛」】
9/22(金) 23:00より
ニコニコ生放送にて
番組URL:http://live2.nicovideo.jp/watch/lv306131778

デイリー新潮編集部