茨城県知事選、自民党が思い知った創価「F票」の威力

政治週刊新潮 2017年9月7日号掲載

 接戦を制したのは、与党推薦の“ひよっこ”――。

 現職対新人の一騎打ちとなった茨城県知事選挙(8月27日投開票)である。都議選大敗に続き、仙台市長選でも負けた自民党にとって、是が非でも勝たなくてはならない戦いとなったため、岸田政調会長や野田総務相ら大物議員が応援に駆け付け、国政選挙ばりの総力戦を繰り広げていた。

...

記事全文を読む