小林麻央の“頼みの医師”も逮捕 「臍帯血」投与事件

社会週刊新潮 2017年9月7日号掲載

 他人の臍帯血(さいたいけつ)を使った再生医療が無届けで行われ、医師ら6人が逮捕された。

 再生医療とはおこがましい、と言うのは医学ジャーナリストの松井宏夫氏だ。

「赤ちゃんのへその緒や胎盤から取れる臍帯血に含まれる造血幹細胞を移植することで白血病などに効果が認められています。が、ガン治療や美容に使うと申請したところで通りません。無届けと言うより申請など出来なかったのでしょう」

...

記事全文を読む