松島トモ子が語る「ライオン」襲撃 アフリカでも有名人に

芸能週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載

「はい、こちらは、ライオンの餌です」――。永六輔は、彼女を自分の番組のゲストに迎えると、決まってこう紹介したという。昭和61年(1986)、テレビのロケでアフリカを訪ね、猛獣に襲われた女優の松島トモ子のことである。滞在10日間のうちにライオンとヒョウに2度、襲撃されるという、現地の人間ですら驚く、稀有な悲劇。ご当人が死を覚悟した恐怖の体験を振り返った。

 ***

...

記事全文を読む