「日航機」御巣鷹山墜落 搭乗を間一髪逃れた人々がその後の人生を語る

社会週刊新潮 2015年8月25日号別冊「黄金の昭和」探訪掲載

「日航機」御巣鷹山墜落 死神から間一髪逃れた「キャンセル・リスト」の後半生(1)

 昭和60年8月12日、「日航機」が御巣鷹山に墜落して520人が犠牲となった。その一方で、搭乗を回避し、「死神」から間一髪逃れた人々がいる。当事者らが初めて明かす、その後の人生とは。

 ***

 その日、釣りライターの大西満(75)が経験したことを「運」の一言で片付けられようか。なにしろ何度振り切っても、死神は先回りするように彼の元を訪れたのだ。

...

記事全文を読む