「おんな城主 直虎」で話題、天才ピアニスト「ラン・ラン」の少年時代 元天才少女・中村紘子が語る

芸能 2017年8月10日掲載

 昨年7月に72歳で亡くなった中村紘子さんは、日本を代表するピアニストとして後進の育成に尽力したことでも知られるが、60年近く前には、慶應義塾中等部3年在学中、日本音楽コンクールで史上最年少で第1位特賞を受賞、15歳でNHK交響楽団初の世界一周公演のソリストに抜擢されデビューした「天才少女」として知られていた。1965年、ショパン・コンクールで日本人初の入賞と併せて最年少者賞を受賞するなど輝かしい経歴の後、チャイコフスキー・コンクールをはじめいくつもの国際コンクールの審査員を務めるようになった。

...

記事全文を読む