トランプ父娘の亀裂 「パリ協定」離脱で露わに

国際週刊新潮 2017年6月15日号掲載

「パリ協定は、米国にとって非常に不公平なものだ」

 トランプ米大統領は6月1日、地球温暖化を防ぐための国際協定から離脱すると高らかに宣言。世界各国からは厳しい非難を浴びた。

「しかし、国内的には石炭産業などの保護になり、持論の“アメリカ・ファースト”を強くアピールできる。そのために離脱会見は、重要な発表をするときに使うホワイトハウスのローズガーデンへブラスバンドも入れ、盛大に行われました」

 と話すのは、在米のあるジャーナリスト。

 ところが、そんな父親の晴れ舞台に、愛娘イヴァンカ補佐官の姿がまったく見えなかった……。

...

記事全文を読む