主役と本筋を無視すれば面白い恋愛ファンタジー(TVふうーん録)

芸能週刊新潮 2017年6月8日号掲載

 気持ちよかったり、心が高まったりすると、赤いキノコがニョキッと生えてくる。心が汚れた人間からすれば、そのビジュアルに作為と大人の暗喩を感じてしまう。でも、中身は無垢な心の男女が運命に導かれ、惹かれ合う物語。日テレの恋愛ファンタジー「フランケンシュタインの恋」だ。

 初回、二階堂ふみが男たちに酒を飲まされ、レイプされかけるという胸糞悪いシーンから始まり、ちょっとだけ心が挫けてしまった。

 二階堂を助けるのが、山中で120年も生きてきた怪物・綾野剛。人間界を知らない役柄とはいえ、キョトンとした「かわいこぶりっこ」に違和感。

...

記事全文を読む