北朝鮮「人質外交」の大博奕 米人4人を拘束

韓国・北朝鮮週刊新潮 2017年5月25日号掲載

 米朝が、5月8日にノルウェーで非公式接触──。

「緊張緩和かと一瞬思わされましたが、14日にはまたミサイル発射。予備交渉とさえ言えない段階でした。北朝鮮は、外務省米州局長の崔善姫(チェソンヒ)が出てきましたが、対応したのはニューアメリカ財団というシンクタンクの専門家たちでした」

 そう話すのは、全国紙のある外信部デスク。

「米国務省の意思を代行してはいても、核開発のような高レベルの問題は扱えません。拘束されている米国人の解放など、人道問題がテーマだったようです」

...

記事全文を読む