がん死から1年半「ジャーナリスト竹田圭吾」が遺したもの

エンタメ週刊新潮 2017年5月18日菖蒲月増大号掲載

 国際ジャーナリストの竹田圭吾さん(享年51)が、闘病のすえに亡くなり、間もなく1年半が経とうとしている。一家の大黒柱を失って以来、残された家族はどのような暮らしを送ってきたのか。夫を支え、最期を看取った妻の裕子さん(53)が、今日までの日々を振り返る。

...

記事全文を読む