金正恩、ひと月3人ペースで処刑 「パラノイア」「ヒトラー」傾倒の指摘も

韓国・北朝鮮週刊新潮 2017年5月4・11日ゴールデンウイーク特大号掲載

■元北朝鮮一等書記官が明かした「金正恩」クレイジー逸話集(下)

 4月22日、北朝鮮の元外交官で暗殺指令も出されている韓国・国家安保戦略研究院の高英煥(コヨンファン)・副院長が、初めて日本での講演を行った。テーマは「金正恩の恐怖政治とその展望」。序盤で明かしたのは、玄永哲(ヒョンヨンチョル)・人民武力部長を四身高射砲で“処分”するという、「お坊ちゃま」の狂気を示してあまりあるエピソードだった。

 ***

 高氏によれば、こうした正恩の性向は後継者になった直後から出ていたという。

...

記事全文を読む